古着は環境に優しい

古着は環境に優しい

ファッションのあり方が大きく変わった21世紀。ファストファッションの登場によって安い服を購入しては毎シーズンごとに捨てて、次のシーズンになるとまた新しい服を購入するというサイクルが確立されました。

しかしこれはとんでもなく環境に負荷を与えるという行為として有名です。

だからこそ環境を守るために古着が注目されています。

そのあたりをまとめてみました!

古着が注目される理由とは?

2000年代に入る頃からファストファッションブームが拡大しました。

ファッションのあり方は大きく変化したことを実感できると思います。

服は使い捨てるものという前提のもと、メーカーは次々にトレンドに合わせた服を大量に生産し、なんと約4割は売れ残り処分されているといわれています。

消費者マインドとしていかに流行の服をコストパフォーマンス良く手に入れるかに目を向けがちです。

一方で断捨離と称してたくさん服を捨て、また新しい服を購入する、そんなことを繰り返すライフスタイルに変化していっています。

それでは環境が悪くなるのは当たり前です。

近年になって持続可能な社会を目指すようになり、このあり方が問われています。

古着がどうして有効となるのか?

ファストファッションの服は合成繊維を使っていることが多くこれが生産されるときも廃棄されるときも分解することに手間がかかるので非常に環境に負担をかけます。

そうすると今のあり方を変えるしかないという結論になります。

古着の主役となる製品は合成繊維ではなく天然素材が多いです。

天然素材はリサイクル方法が確立されています。

さらに服を長く着るだけで、環境への影響は軽減されます。

具体的には温室効果ガスが削減できますし、節電にも有効になります。

だからこそ環境に敏感な人は古着を着ることが多いです。

エコを意識して服を着るなら古着を選択肢から外すということは考えられませんね。

SDGsと古着のまとめ

グローバル化が進んでいる現在では服は外国製の商品がほとんどです。

身の回りじゃないからいいやとは思わずにまわりにまわって自分のところに来ると考えたほうがいいです。

大量消費のアンチテーゼとして古着を求めている人が多いために古着への注目はますます増えてくることでしょう。

エコで環境にも優しい古着を市場に流通させることが出来る古着バイヤーという仕事は副業という観点以外でも素晴らしいものだということがわかりますね。

TOPページを見る