転売とバイヤーの違い

転売とバイヤーの違い

副業でも人気の転売。これとバイヤーは何が違うのか明確にわかる人はそんなに多くないはずです。

しかしどうしてそんなに転売のイメージが悪いのでしょうか?

その理由は転売ヤーと呼ばれる存在です。

転売ヤーが嫌われている原因として他人のことは考えず商品を買い占め、定価よりも高値で売りさばくからです。

たしかに普通に買えたはずなのにプレミア価格で買わないといけないのは本当に欲しい人にとっては大変なことです。

その実態をみていきましょう。

どうして転売をするのか

転売がなくならない理由ははっきり言って利益になるからです。それ以外ありません。

どうしてそんなことになってしまうかいくつか理由があります。

利益がある程度約束されている

今では転売のための情報をまとめているサイトが沢山あります。

ここで儲かると言われている商品を購入して売れば誰でもある程度の利益は出すことができます。

必要なのは時間だけです。限定の商品を買うために並ぶ、抽選に応募するなどシンプルなことです。

要するのに商品の需要と供給のバランスが釣り合っていないということですね。

目利きとかそういう力は必要はなく利益が出るなら挑戦する人は多いはずです。

販売網が整っている

商品を仕入れたとしても販売先がないと利益を出すのは難しいです。

しかし今はメルカリやヤフオクなどのフリマアプリが浸透しており誰でも手軽に販売することができます。

そのため売り手を探すということもなくなるので、簡単にすぐに利益が手元にきます。

さらに言うとこの速度感なのでクレジットカードを使えばさらに高額なものを購入できて、利益を増やすこともできるので、環境が整いすぎている側面もあります。

これからはどうなるのか?

今後もインターネットによる取引の活性化を受けて、ライバルが増えることも予想されます。これだけ参入障壁が低いですからね。

さらに転売ヤーに対する規制も広がってくる可能性もあります。

そうなると必要なのはこのジャンルに関する知識は誰にも負けないというような、独自の強みを持つことも必要になるかもしれません。

これこそが古着バイヤーに求められていることです。

ちゃんとしたところから仕入れを行いそれを販売するのはある意味新しいものを広めると同じ行為になります。

そうなると必要なのはこのジャンルに関する知識は誰にも負けないというような、独自の強みを持つことも必要になるかもしれません。

これこそが古着バイヤーに求められていることです。

ビンテージバイヤーカレッジはそのような知識をしっかりと教えてくれます。

転売ヤーと同一視されることはありませんので、自分の目利きを信じてしっかりと販売していきましょう。

TOPページを見る